意外と多い…永久脱毛による事故について - 気をつけて!ワキ脱毛の安全Navi

気をつけて!ワキ脱毛の安全Navi > 永久脱毛による事故について
気をつけて!ワキ脱毛の安全Navi

意外と多い…永久脱毛による事故について

年々人気が高まってきている脱毛サロンでの永久脱毛。
夏が来る前に、またおめでたい結婚式の前などには自分の全身を美しく磨き上げるためにエステに通い、脱毛を受けるという人が少なくありません。
またそうした巷の人気に応えるように、最近では脱毛だけを専門に取り扱うエステサロンの数が増えてきていると言われています。
そのようなサロンでは、肌を露出する機会が増える「脱毛シーズン」が近付くとキャンペーンなどが頻繁に行われ、思った以上に安く永久脱毛を受けることができるようです。

しかし、そんな世間の流れの中で意外と増えてきているのが、脱毛サロンでの永久脱毛による事故報告です。
肌を痛めてしまったり、メニューの回数内で脱毛が完了しないなど、永久脱毛に関するトラブルは絶えません。
あなた自身がそんなサロンを選んでしまわないように、ここでは永久脱毛による事故の危険性についてお伝えしていきます。

そもそも、永久脱毛というのはどのような方法で行われるものなのでしょうか?
永久脱毛には主に、ニードル脱毛とレーザー脱毛という2種類の施術方法があります。
ニードル脱毛は、脱毛専用の細い針を毛穴に刺して微弱な電流を流すことで行う脱毛方法です。
この方法は永久性が高くて大変人気があるのですが、施術者が未熟だと強く痛みを感じたり、
粗悪なサロンでは針を使い回して感染症の原因となったりすることもあると言われていますから、しっかり注意しておきましょう。

またレーザー脱毛は、メラニン色素に反応するレーザーを毛根に当てることで毛根を破壊して脱毛する方法です。
この方法だと痛みを感じることが少ないのですが、レーザーで肌を火傷してしまうような事故報告も聞かれています。

どちらの永久脱毛方法を選ぶとしても、このような事故のリスクがあることをきちんと理解した上でサロン選びをするのが大切です。
ぜひ、このような事故の事実を知っておいてくださいね。

top